2017/11/286 Shares

価格とデザインで選ぶ!オフィスで履きたいビジネス向けサンダルを紹介

Camel

どうも、ラクダ@motomotocamelです。
内勤だと革靴を脱ぎたくなる日もありますよね。
私はパソコンに向かっている時に、ついつい革靴を脱いじゃってます。
ムレるんですよねぇ…

そんな時に役立つのがビジネス向けのサンダルです。
スーツで履いてもおかしくないデザインと室内履きならではの快適さを併せ持ちます。

本日は、オフィスで履きたいオススメのサンダルをまとめたいと思います。

お求めやすい価格の初心者向けと長く使える高品質、ぱっと見革靴なフォーマルとオシャレなカジュアルの2つの要素を掛け合わせ、4つの商品を紹介いたします。

この記事でのカジュアル・フォーマルは正確な意味ではなく、あくまでもジャンル分けのために使っています。

スポンサーリンク










初めてのビジネスサンダルにオススメ!安価なのに快適でオシャレ

二千円以下で手に入る快適さ!Amoji(アモジ)の男女兼用サンダル (初心者・カジュアル)

日本人向けに設計された軽量サンダルでオススメなのがAmojiの男女兼用サンダルです。
柔らかくて軽いEVA素材なので、履いていて疲れません。

Amojiのサンダルはメッシュ構造で通気性抜群です。
このサンダルなら、革靴では蒸れてしまう季節も快適に過ごせるはずです。

重さはわずか150g!
歩くときに楽なのはもちろん、持ち運びにも便利です。
毎日重いカバンを持って通勤している方には、この軽さは助かります。

EVA素材のサンダルは、汚れても丸洗い可能で衛生的です。
オフィスでは汚れたサンダルは履きにくいですよね。
Amojiのサンダルなら週末にササっと洗えるので、いつでも清潔でいられます。

Amojiのサンダルはゆったりサイズです。 幅広な足を持つ日本人向けですね。
革靴のワイズがEの方は、いつもより0.5cmは小さい物がオススメです。

残念なポイントを挙げるなら、質感は値段相応ということです。
EVA素材でメッシュですので、高級感というよりはカジュアルな雰囲気があります。

多少はカジュアルでも問題ない職場の方なら最適なサンダルだと思います。

三千円でお釣りがくる!ぱっと見革靴なWilsonのビジネスサンダル (初心者・フォーマル)

Wilsonのビジネスサンダルは、一見すると革靴なのに、カカトが無いから脱ぎ履きしやすい構造になっています。

インソールは取り外して洗えるので衛生的に使えるので、夏は蒸れやすいって方でも安心して使えます。

幅広サイズ(3E)なので、甲高・幅広な方も痛くなりにくいです。
さすが、日本人向けに作られただけありますね。

残念な点を挙げると、安いので値段相応の丈夫さだということです。
いくら皮靴に見えるからといって、アスファルトの上を歩けばすぐにダメになってしまいます。

あまりにカジュアルなサンダルは履きにくい、けれどオフィスでは楽をしたい!
Wilsonのビジネスサンダルは、そんな方にオススメです。

少し高くても高品質のビジネスサンダルを長く使いたい方にオススメ

BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)のクロッグ スーパービルキー (高品質・カジュアル)

240年以上の歴史を持つ靴メーカーであるビルケンシュトックが販売しているワークサンダルがスーパービルキーです。

柔軟性と撥水性に優れたポリウレタン製なので、歩くときにサンダルが邪魔にならないし、汚れにも強いです。
撥水性で汚れにも強いというのはオフィスサンダルにとって重要だと考えます。
トイレがいつも綺麗だとは限りません。
もしサンダルが汚れてしまったときも、水洗いできるのは大変ありがたいと感じます。

インソールには厚めのコルククッションが使われています。
ビルケンシュトックといえばコルククッションですよね。
程よい柔らかさのコルクは長時間履いていても疲れにくいです。
それでいて足を守ってくれるだけの固さもあるので、画鋲を踏んづけて怪我をする心配もありません。

残念なポイントを挙げるなら、ポリウレタンの耐久性です。
素材の特性上、ポリウレタン製製品の寿命は3年くらいだと感じます。
スーパービルキーも長く使えばポリウレタン部分が劣化していくと思います。

それと、サンダルとしては重めな方です。
コルクが厚いので、どうしても重くなってしまいますね。
慣れてしまえば気になりませんが、最初は違和感があるかもしれません。
そのおかげで、外を歩いても破れたりしませんし。

履きさすくて長持ち、足にも優しくて清潔なオフィスサンダルを探している方にはビルケンシュトックのスーパービルキーをお勧めします。

ローファーの老舗メーカーHARUTA(ハルタ)の本革ビジネスサンダル ドクターシューズ (高品質・フォーマル)

もともとはドクターが患者の前で履いても大丈夫なサンダルとして開発された、高級感と清潔感のあるきれいめオフィスサンダルがハルタのドクターシューズです。

革靴の見た目とサンダルの履き心地を両立したベストセラー商品で、固めな職場でも履けると思います。
本革でできているので、素材でサンダルだとバレることはないでしょう。

ドクターシューズはカカトがあるので、歩くときにパタパタしません。
カカトがあるお陰で歩き方も革靴のように歩けますし、後ろから見られてもサンダルだと思われないでしょう。

ドクターシューズの最大の特徴は、高級感のある光沢レザーを採用していることです。
若い時はカジュアルなサンダルも似合いますが、歳をとるとダラシなく見えてしまいます。
ドクターシューズなら、あらゆる世代のオフィスワーカーにとってベストマッチな装いになるでしょう。
シンプルなデザインと相まって、年代・職業を問わない万能オフィスサンダルといえます。

残念なポイントを挙げるなら、ソールが柔らかいので、外で履くとすぐに削れてしまうことです。
柔らかい本革は履きやすいのですが、アスファルトを歩くには弱いです。
ソールは柔らかいウレタン素材ですので、ザラザラの場所ではすぐにダメになってしまうでしょう。

このサンダルがダメなら他のは全部ダメでしょうってくらい、どんな職場でも対応可能な万能サンダルが欲しい方にオススメなのがハルタのドクターシューズです。

まとめ

オフィスで履けるサンダルが欲しくて調査した結果をまとめました。
価格とデザイン、履き心地のバランスがとれたオフィスサンダルを選んだつもりです。

ぜひ、あなたのオフィスライフを快適にしましょう!

Camel

こんな人間が書いています。
プロフィール