2017/08/164 Shares

エアコンのフィルターを掃除して、カビ汚染を防ごう! この方法なら5分でできます。

キャメル
エアコンから変な匂いしねぇ?

あなたはエアコンのフィルターを掃除したことがありますか? エアコンって高いところにあるし、中まで見ることはないし、なかなか手が回らないのではないでしょうか? そもそも何をどうやって掃除するのか知らない人までいるのではないかと思っています。 そこで、「女性一人でも簡単に15分でできる」ということに焦点を当てて、エアコンの掃除方法を紹介します。

スポンサーリンク



本当にエアコンってカビが生えるの?

キャメル
エアコンにカビが生えるって本当なのか? 学術的に調べたことあんの?

テレビなどでエアコンにカビが生えるって言っていますが、本当に生えるのでしょうか? また、どのような場所で、どのように使用すると生えやすいのでしょうか? 文献によると、フィルターのホコリにはカビが存在し、長時間低い温度で使用するとカビの汚染が多いようです。 また、低層階・北側の部屋は特に多くなります。 文献によると、普段のフィルター掃除にはカビ汚染の抑制効果がないそうですが、フィルター清掃機能はカビの汚染が少なかったそうです。(普段の、の頻度は不明です) つまり、フィルター清掃は日常的に掃除をする必要があるってことですね。 チャチャっと終わらせちゃいましょう。

エアコンにおける好温性カビ汚染に影響する要因とその対策
エアコンのカビ汚染に影響する環境要因などを検討した。フィルターのホコリを調べると,一般カビでも好温性カビでも,水分要因が影響していることが明らかになった。エアコンの使用頻度が高いほど,使用時間が長いほど,設定温度が低いほど,また上層階より1階の部屋で使用する方が,南側より北向きの部屋で使用する方が,カビ汚染は多いようだ。また,掃除の効果について検討した。ふだんのフィルター掃除はカビ汚染の抑制効果はないが,フィルターの掃除機能の付いたエアコンでは,カビ汚染が少なかった。とりわけ,好温性カビはホコリが溜まった所によく生えるので,フィルターのホコリを少ない状態に保つことが重要である。また,内部の掃除サービスを受けた場合には,カビ汚染の少ない状態が長く続くことも明らかになった。
著:浜田信夫 日本防菌防黴学会誌,Vol.44,No.7,pp.349−356(2016)

キャメル
今まで掃除していなかった方は、一度内部の掃除サービスを受けた方がいいぞ。 しっかり綺麗にして貰えば、長い間カビの心配がないようだ

カビの種類と数は?

別の文献では、エアコンの使用開始時に最も多くのカビ胞子(カビの種のような物)が排出されると記述されています。使用していない時にフィルター上で増殖した胞子が、稼動時の最大風速で撒き散らされるということです。

果たして、エアコンのフィルターにはなんというカビがどれくらいいるのでしょうか? カビの種類についてはお風呂にいるヤツと一緒ですよ。

キャメル
黒カビだな

そうそう、黒カビ。それが1.8億!

フィルター2枚当たりのカビ数は平均で13万、最大で1.8億だそうです。汚染カビ数が100万以上の世帯は全体の32%とのことです。 ヒク数字ですね!

ちなみに、エアコンにカビが生える季節は夏です。冷蔵や除湿は空気中の水分を集めて、水として外に排出しています。この水がエアコン内部に残り、フィルター上のカビ汚染を悪化させます。特にエアコン停止時にエアコン内の結露は増えるみたい。フィルターに施された防カビ処理も2年以上続くものではないそうなので、古いエアコンほどカビ汚染が多いのは想像しやすいね。

カビ汚染とエアコン_生活衛生 Vol.45 No.2 51-61

黒カビってどんなカビ

黒カビは学名:クラドスポリウム(Cladosporium)っていうんだ。CMで出てくる糸状の菌の仲間だよ。糸状菌っていうんだ。カビの中では発育速度が速い方で、胞子から糸状菌になるまで数日で成長するよ。

Cladosporium sp conidia

https://ja.wikipedia.org/wiki/クラドスポリウム

このカビはアレルギーの原因となることが知られていて、胞子が肺に入ってしまうと呼吸器系の病気につながることもあるんだ。浴室は湿度が高いから黒カビとして目立つけど、危ないのは胞子を撒き散らすエアコンや換気扇だといえるね。

なぜこのカビがエアコンで増えやすいのかを説明すると、このカビは低温環境や乾燥状態でも比較的長生きするんだよ。一定面積をカビ同士が奪い合った時に、黒カビが一番有利なんだ。このカビが陣地を取ることで、他のカビは抑えられるんだよ。

黒カビはアルコール消毒や熱に弱いので、この特性をうまく使って掃除すると効果的だよ。ラクダが掃除の時に使っているのはエタノールが含まれているウェットテッシュ。破れにくくて使いやすいのはコレ

5分でできるエアコンの掃除方法

さっそくエアコンの掃除方法を説明するね。

キャメル
前情報が長くて疲れてきた……

まずはエアコンのコンセントを抜こう。電化製品を掃除するときの基本だね。

ファイル H28 08 20 10 33 05

下のコードはアースだから抜かないでね。
アースとは

下の写真のツマミを使って(エアコンの両サイドにあるよ)、フロントカバーを開けよう。手前に引けば、ガバッと開くよ。

ファイル H28 08 20 10 33 40

ガバッ!

ファイル H28 08 20 10 36 22

フィルターのツマミを持って、持ち上げるようにして取り外そう。ここは簡単に取り外せるよ。

ファイル H28 08 20 10 34 03

中身の金属部分は重要パーツなので触らないでね。(写真はフィルター外した後)

ファイル H28 08 20 10 34 17

フィルターはプラスチックの枠に粗めのネットがついているよ。これがフィルター。写真は掃除前のフィルターで、ホコリで白くなているのがわかるかな
? これをウェットテッシュで拭いていく。破かないようにね。

ファイル H28 08 20 10 34 31

フィルターを床に置いて、外側の面から拭こうね。フィルターは外から中にホコリが入らないようにつけているから、外側が汚れているよ。

ファイル H28 08 20 10 34 46

上がウェットテッシュで拭いた後。下と比べて網目が見えてるね。普段から掃除をしていても、布が多い寝室なんかはホコリが溜まりやすいよ。
アルコールが含まれているウェットテッシュを使うと、ホコリの掃除と一緒にカビの除去もできるんだ。1回で全部取りきることはできないけど、こまめに除菌をして増やさないことが重要だね。

フィルターを拭き終えたら、取り付け直そう。

ファイル H28 08 20 10 36 22

はじめはフィルターの上側を差し込んで、

ファイル H28 08 20 10 36 35

この部分を差し込んだら、フィルター装着終了。
あとはちゃちゃっと、エアコンの隙間なんかをウェットテッシュで拭こう。

ファイル H28 08 20 10 36 10

吹き出し口や、中にあるルーパー(羽の部分)なんかが汚れやすいよ。フィルターの次にカビの温床になる場所なんで、忘れずに拭こう!

ファイル H28 08 20 11 41 51

吹き出し口ー

ファイル H28 08 20 11 42 12

ルーパー

掃除が終わったら、カバーを閉めて、外側も拭きあげて終了。ここまで慣れれば5分くらい。

カバーは上部にある引っ掛かりで止まっているので、グッと下げれば閉まるよ。はじめは固いから、無理して壊さないようにね。

ファイル H28 08 20 10 36 51

1シーズンに1回くらいはスプレーも使おう

キャメル
正直、毎回やりたいくらいテンション上がるぜ!

フィルターを外した時に見えた金属部分が冷却フィン(熱交換器ともいう)。たまにはココも掃除をしよう。私はこんなのを使っているよ。
フィルターの拭き掃除が終わったら、冷却フィンの掃除を追加しよう。

ファイル H28 08 20 10 34 58

こいつを良く振って、

ファイル H28 08 20 10 35 13

フィルターを外したエアコンの冷却フィンにかけましょう。エアコン1台につき1本です。これが結構面白い。
(液体が垂れるので、カーテンなどには新聞紙やタオルでカバーするといいです)

ファイル H28 08 20 10 35 35

プシャー!

ファイル H28 08 20 10 35 55

ブシャー!

ここはテンションが上がるね。テンション上げすぎてコンデンサーを濡らしたりすると壊れることもあるみたいだから、変なところまでかけないでね。冷却フィンをしっかり狙おう。

スプレーをした後は15分くらいコンセントを差さずにおいておこう。洗浄成分がエアコン内部を洗い、排水口から出ていくよ。焦って動かすと逆流して、吹き出し口から出てくることもあるから気をつけてね。

15分経ったらコンセントを差し込み、送風でも冷房でも除湿でもいいから動かして、内部に残った洗浄液を乾燥させようね。水分が残っていると、こいつがカビを呼ぶからさ。
洗浄液を使うとホースみたいな奥の方まで汚れを流してくれるので、シーズン終了後に使った方がいいと思うな。

エアコンを使う上で気をつけたいポイントは

キャメル
3つのポイントを守ると、カビ汚染が抑えられるぜ

まずはフィルターの掃除だね。説明書によると、2週間に1回のペースがいいみたい。これをカビの生態から説明すると、エタノールが効きにくい胞子から効きやすい黒カビに成長するまで、おおよそ2週間くらいかかるっていうのもあると思うよ。掃除機での掃除もいいけど、エタノールが含まれたウェットテッシュで拭き取る方が手軽にできるからオススメだよ。

換気も重要。エアコンがカビ臭い時は、使い始める時に10分くらい窓を開けておくとカビを吸い込む量が抑えられる。使い始めは窓を開ける癖をつけよう。

エアコンを点けたり切ったりするのもよくありません。電源を切った時に水が出るからです。最近は点けっぱなしでも電気代が変わらないという意見もありますし、夏の間は切らない方がいいかもしれませんね。カビが生えると面倒ですし。エアコン内部は乾燥しておきましょう

カビの多いエアコンは、一年中カビ汚染が多い

一度カビが生えてしまったエアコンは、いくら掃除をしてもすぐにカビ汚染が増加します。これは、自分では掃除しきれない内部のカビが胞子を撒き散らし、フィルターを汚染するからです。これを解消するにはエアコンの買い替えか、エアコン内部の洗浄サービスしかありません。一度汚してしまったものはしょうがありません。家事代行サービスで、しっかり綺麗にしましょう。

キャメル
見積もりだけなら無料だぜ。夏の終わりに汚れを流れ落とそうぜ!

【お掃除マスター】



こんな人間が書いています。
プロフィール