検索

新所沢のおしゃれな焼肉屋『Dining煌(きらめき)』で牛フィレ丼を食べてきた

Camel

どうも、肉食系偶蹄目ラクダ@motomotocamelです。
美味しい牛フィレ肉を食べてきたので、自慢したいと思います。
肉汁溢れる赤身肉の写真を見ていってください。

本日は、新所沢駅徒歩1分にオープンした焼肉屋さん『Dining煌(ダイニングきらめき)』を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)

あふれる肉汁、ほとばしる肉の旨味!ステーキ肉がドカンと乗った牛フィレ丼(スープ付)

まずは写真を見てください!
レアに焼かれた牛フィレステーキが1枚ドカンと乗っている牛フィレ丼です。
ちょっぴり野菜の量は残念な感じですが、牛フィレ肉は上等な国産和牛でした。
モチモチとした噛み応えと、噛み締めるたびにほとばしる赤身肉の旨味は最高です。
さらにこの牛フィレ丼、ご飯がバターライスでした。
バターライスって鉄板焼き屋で出るイメージでしたが、焼肉屋でも食べられるんですね。
脂肪が少ない牛フィレ肉だからこそ、下に敷かれたバターライスとの相性が抜群でした。

赤身の旨味とバターのコク、お米の甘さとさっぱりした野菜。
全体のバランスが良く、丼物は苦手な私でもペロリと食べてしまう美味しさでした。
これは夜のメニューも期待できる一品でした。

甘辛なタレに漬け込まれた肉、旨辛なキムチ、ごま油香る韓国海苔でご飯がすすむビビンパ丼(サラダ・スープ・ドリンク付)

ビビンパは石焼じゃない方が好きなラクダです。
お肉の質にこだわった『Dining煌』のビビンパは、甘辛ダレに漬け込まれた肉はもちろん美味しい。
ただ肉だけじゃなくて、キムチや韓国海苔、ナムルなどのバランスが良いビビンパでした。

2品しか食べていませんが、『Dining煌』の料理は全体のバランスが良いと思います。
牛フィレ丼もビビンパ丼も、しっかりした味付けなのに最後まで飽きずに食べきれました。

店舗情報

  • 店舗名: Dining 煌 (ダイニングきらめき)
  • ジャンル: 焼肉
  • 営業時間: 11:00〜24:00(L.O.23:00)、ランチ11:00〜15:00
  • 定休日: 火曜日
  • 駐車場: なし
  • 住所: 埼玉県所沢市松葉町11-2第12北斗ビル2F(サンクスの上)
  • 電話: 04-2968-4298

公式サイト

まとめ

通常1500円相当の牛フィレ丼が777円(税込)と聞いて行ってみた焼肉屋『Dining煌』でしたが、予想を上回る美味しさでした。
店内は黒を基調としたおしゃれな内装で、器や食器にもこだわりが感じられます。
サラダ、スープ、ドリンクがついてランチなら800円〜ですので、焼肉にしては高くないかなと思います。
冷麺やフォー・ガーといった麺類も気になるので、次回はこちらに挑戦しようかな。
パクチー好きならパクチーナムルも良いのかもしれないけれど、私は普通のナムルがいいな。
子供がいるので夜に行くのは難しいけれど、新所沢駅周辺で焼肉を食べるなら推薦したいお店でした。

Camel

こんな人間が書いています。
プロフィール

スポンサーリンク
レクタンブル(大)