2017/08/163 Shares

ディズニーホテルとベビーセンターで買える離乳食を紹介

Camel

どうも、ディズニーに離乳食を持っていくか悩みに悩んだラクダ@motomotocamelです。

先日、赤ちゃんを連れて一泊二日のディズニー旅行に行ってきました
この旅行の準備で悩んだのが「離乳食を持っていかなければならないか?」ということです。
一泊二日ともなると5食分は必要なのです、現地調達できるならしたいですよね。
赤ちゃん連れの旅行は荷物が多くなりがちですから。

ディズニーでの離乳食をあげるには、下の3つの方法が考えられます。

一つ目が自分で持っていく。
二つ目がベビーセンターなどで購入する。
三つ目がホテルのレストランで注文する。

今回の旅行では、この3つの方法全てを試してみました。

本日は、ディズニーで買える離乳食についてまとめたいと思います。
そして、3つの方法の中で一番のお勧めを紹介します。

スポンサーリンク



最も経済的な方法は持参すること

あなたの予想通り、最も経済的な方法は持参することです。

ディズニーのパーク内は離乳食持ち込みOKですので、堂々と持ち込むことができますよ。

いつもの離乳食を持ってきても、パークのメニューにチャレンジしても、きっと楽しい思い出に!
いっしょにお食事 – Disney Mama Style

パーク内やレストランの離乳食はスーパーより高いので、持っていけるなら持参するのがいいですね。

もちろん、持参した離乳食をパーク内のベビーセンターで食べさせることができます
電子レンジや調乳用のお湯も完備されているので、いつも使っている離乳食を持ち込んでも困ることはありません。

特にアレルギーや好き嫌いのある赤ちゃんの場合には、持参するのが安心ですね。

離乳食は経済的に済まして、ディズニーでしか買えないものを楽しみたい方は持参する方法がお勧めです。

コストパフォーマンスに優れた現地調達

「荷物が多い! 少しでも減らしたい! そのためなら少し割高でも許す」

そんな方にお勧めなのは、離乳食を現地調達する方法です。

ディズニーのパーク内にあるベビーセンターでは、離乳食を購入することができます
また、ディズニーランドホテルの1階にあるコンビニ『ルッキンググラス・ギフト』でも離乳食を販売していました。

コンビニは24時間営業(宿泊者のみ)です。
宿泊者以外はホテルの正門が閉まってしまうため、7時から23時までしか利用できません。

品揃えに関しては、注意が必要です。

ベビーセンターでは、キューピーの7ヶ月向けと9ヶ月向けの2種類が用意されていました。
コンビニは、7ヶ月向けと12ヶ月向けの2種類です。

どちらもお弁当タイプでした。

「キューピーの離乳食で問題ない」って方は、離乳食を現地調達するのもいいですね。
しかも、ベビーセンターで離乳食を買うと、ビニール製のエプロンとプラスチック製のスプーンが貰えます。

ベビーセンターで離乳食を買うと、1食320円です。
Amazonで購入すると、4個入りで1,141円ですので、1個あたり285円です。

1個あたり35円(1割くらい)の差を気にしないのであれば、現地調達するのが最もコストパフォーマンスに優れた方法です。

お子さんがディズニーで売っている離乳食を食べてくれるか心配な方は、事前に購入して確かめると安心ですよ。

特別感のあるレストランの離乳食

最も特別な離乳食は、ホテル内のレストランで注文できる手作りの離乳食です。

ディズニーランドホテル内にあるレストラン『シャーウッドガーデン・レストラン』では2種類の離乳食が選べます。

1つ目が『野菜の炊き込みご飯』。
2つ目が『かぼちゃのスープ』です。

まずは『野菜の炊き込みご飯』から説明します。

こちらが『野菜の炊き込みご飯』の写真です。

人参をはじめ、数種類の野菜が柔らかく煮込まれたスープで煮込んだご飯ですね。
スープには野菜の甘さと旨味がタップリと染み込んでいて、離乳食なのに大人が食べても美味しかったです。

入っているお米も、歯が生えていない赤ちゃんでも問題なく噛みつぶせるほど柔らかく煮込まれていました。
腹持ちも良さそうなので、たくさん食べられる赤ちゃんには『野菜の炊き込みご飯』がお勧めです。

次に『かぼちゃのスープ』を説明します。

これが『かぼちゃのスープ』の写真です。

かぼちゃのスープは、野菜の炊き込みご飯よりも薄味でした。
さらっとしているので、離乳食を始めたばかりの赤ちゃんには『かぼちゃのスープ』の方が消化に優しいと思います。

数種類の野菜が入っているので、栄養も十分取れそうなスープでしたよ。

ボリュームはどちらも離乳食1食分くらいです。
お弁当タイプと同じ量がないと泣いてしまう娘には、『野菜の炊き込みご飯』と『かぼちゃのスープ』の両方を与えました。

価格はそれぞれ、650円です。
かなり高級な離乳食ですよね…
1食1,300円です_:(´ཀ`」 ∠):
高い…

3つの方法を試して感じたベストチョイス

今回の旅行では3つの方法を全て試してみました。

  • 最も経済的な持参
  • コストパフォーマンスに優れた現地調達
  • 特別な思い出になるレストラン離乳食

もう一度赤ちゃんを連れてディズニーへ行くのであれば、離乳食は全て現地調達します。

1食35円であれば、5食でたったの175円です。
私がビール1杯を我慢すれば、簡単に支払うことができる金額です。

離乳食を持っていこうとすると重いし、場所もとります。
ベビーカーを押して、オムツやお尻拭きや哺乳瓶や粉ミルクや着替えやらを持って行く中で、離乳食くらい楽をしても良いかなと思いますよ。

3つの方法を全て試して選ぶベストチョイスは、ベビーセンターやディズニーランドホテル内のコンビニで現地調達です。

まとめ

一泊二日のディズニー旅行で買った離乳食についてまとめました。

観光地価格にしては、離乳食は良心的だと感じました。
これくらいの金額なら、「離乳食は持っていかなくてもいいかな」と夫婦で意見が一致しています。

赤ちゃんを連れてディズニーに行く際には、ぜひ参考にしてください。

ディズニーランドホテルに泊まって一泊二日のディズニー旅行に行った感想も読んでもらえたら嬉しいです。

新婚旅行の代わりにディズニーランドホテルに泊まりで行ってきた話【1/2】
赤ちゃんと一緒にディズニーランドホテルに泊まりで行ってきた話【2/2】

Camel

こんな人間が書いています。
プロフィール