2017/08/1616 Shares

OTC薬ってなに?薬の疑問について薬剤師が答えよう

Camel

どうも、誰かに頼られたいラクダ@motomotocamelです。

twitterなどで見つけた薬についての質問に勝手に答えていこうと思います。

中学生向けを意識しているので、分かりにくい所があれば教えてくださいᕦ(ò_óˇ)ᕤ

他にもご質問があれば、ぜひコメントやtwitterでご連絡いただけたらネタが増えるので嬉しいです(*´∀`)♪

スポンサーリンク



処方せん医薬品とOTC医薬品の違い

日本で売られている医薬品には、大きく分けて2種類しかありません。それが、処方せん医薬品とOTC医薬品。

処方せん医薬品はその名の通り、医師による処方せんをもとに薬剤師が調剤して提供する薬のことです。

ここで簡単に言葉の説明。

  • 処方とは、医師が患者の症状にあわせて薬を選択し、使用方法を指示すること
  • 処方せんとは、処方を記した指示書
  • 調剤とは、処方せんの指示のもと薬剤師が患者へ薬を正しく受け渡すこと (処方せんが間違っていないかの確認や医師への問い合わせ、患者への情報提供を含む)

それに対して、買う時に処方せんがいらない薬は全てOTC医薬品です。これ以外の呼び名は一般用医薬品で、他にも市販薬や家庭用医薬品、大衆薬と呼ばれることもあります。

OTCとは英語でOver the counter の略で、アメリカではOver-the-counter drugと呼ばれています。

OTC医薬品は商品に対しての許可ではなく、医薬品の成分に対しての許可だそうです。なので、OTC医薬品として許可された成分であれば、どの医薬品メーカーでもOTC医薬品として販売できます。

さらに、OTC医薬品を複数混ぜたクスリも許されています。風邪をひいた時に処方せん医薬品をもらうと何種類も出されるのに、OTC医薬品なら1種類ですむのは複数成分が混ざっているからなんですね。処方せん医薬品を混ぜるのは、原則許されていません。

なんでOver the counterっていうか調べたかったけど、正確な情報は探せなかった…

ただ、20世紀後半までアメリカでは、日本のコンビニのようなドラッグストアで食料品や日用品と一緒にOTC医薬品が買えたそうです。ドラッグストアをオープンするのには資格は不要だそう。

サイト OTC医薬品と情報

ガラスの向こうで薬剤師が調剤する処方せん医薬品と区別するために、カウンター越しで購入できるOTC医薬品という名前になったのではないかと思います。

商品名と一般名の違い

商品名は読んで字のまま、商品の名前です。

それに対して一般名とは、薬の主成分の一般的な名前です。

具体例をあげてみましょう。

  • IUPAC名:RS)-2-(p-isobutylphenyl)propionic acid
  • 一般名:イブプロフェン
  • 商品名:イブ(エスエス製薬)、ブァファリンプレミア(ライオン)、ノーシンピュア(アクラス)、リングルアイビー(佐藤製薬)など

IUPAC命名法(アイユーパックめいめいほう)は、IUPACが定める、化合物の体系名の命名法の全体を指す言葉。IUPAC命名法は、化学界における国際的な標準としての地位を確立している。
サイト Wikipedia

IUPAC名は化学的な正式名称といったところですね。

これまでは処方せんに商品名が書かれることが普通でした。しかし、ジェネリックの普及を推進するため、一般名で処方せんを書き、医師への問い合わせ無しでジェネリックに変更できるようにしたのが、一般名処方と呼ばれます。(例は身近なOTC医薬品にしました)

添付文書ってなに?

添付文書は見たことあると思います。

OTC医薬品を買った時に、箱の中に入っている薬の説明書。あれが添付文書です。

添付文書(てんぷぶんしょ、英: Package insert)[1]は、医薬品、医療機器、医薬部外品、化粧品において、警告や使用上の注意、品目仕様、その他の重要事項を記載した、医薬品の使用者や医師、薬剤師向けの製品情報を記載した書面である。
日本の添付文書は、薬事法に基づいて作成される公文書である[2]。薬剤師の業務においては、医薬品インタビューフォームと共に常備すべきである[3]。また薬事法によって、添付文書は電子化され公開されなければならないことが定められている。
サイト Wikipedia

もちろん処方せん医薬品にも、添付文書はついています。

薬についても最重要ポイントをまとめた物が添付文書といえます。

薬剤師が頼られたいってホント?

少なくとも私は頼られたいですし、友人の中にも同じ意見が数多くあります。

一応(?)薬の専門家としての自負もありますし、現役で働いている方は日々勉強を続けています。

身につけた知識を人のために使う事は、とてもやりがいが感じられます。

病院では地下に追いやられ、薬局では薬を渡しているだけだと思われ、医療のマンガやドラマではほぼ出演しない。

こんな薬剤師が人の役に立っていると実感できる数少ない場面なので、頼ってください(*´∀`)♪

(質問とか相談されると、薬歴書くの楽ですし)
薬歴とは、薬を調剤した記録です。全員分記録しています。

薬歴(やくれき)とは、薬剤服用歴の事で薬剤師が行う調剤や服薬指導の内容を記録したものである。本来薬歴は保険調剤上の薬剤服用歴管理記録の事であるが一般的広義の意味として患者に関する情報、調剤や服薬指導の内容を記録したものが薬歴と呼ばれる。
サイト Wikipedia

処方せんに変更不可がある理由(2016.11.30追記)

前提として、国の政策では可能な限りジェネリックに変更したいのだと思います。それは、2020年までに80%をジェネリックにするという目標から読み取れます。

平成27年6月の閣議決定において、平成29年央に70%以上とするとともに、平成30年度から平成32年度末までの間のなるべく早い時期に80%以上とする、新たな数量シェア目標が定められました。
サイト 厚生労働省

薬局側もジェネリックへの変更を勧めたい理由があります。後発医薬品調剤加算、簡単に言うと「ジェネリックを目標以上に調剤した薬局にはお金をあげましょう」という制度です。

薬局では是が非でも獲得したいので、ジェネリックへの変更をお願いしています。

病院側ではどうでしょう?
医師が処方する時、商品名で書くか一般名で書くかは決められていません。薬局では、商品名で書かれていればその商品を、一般名で書かれていれば同じ成分の薬から選択して調剤します。ただし、一般名で処方せんを作成した場合は、一般名処方加算がもらえます。「ジェネリックに変更しやすいから、なるべく一般名で書いてね」ってことです。

病院も薬局もジェネリックへ変更した方が売り上げは上がります。それを辞めてでもジェネリック変更不可にするのだから、信頼性の高さとかの理由があるのでしょう。これ以上は個人の考えや病院の経営方針なので、深くは分かりませんでしたm(__)m

まとめ

今回は時間優先でザッと書きました。調べたらないところや間違っている所もあるかもしれません。

何かあれば教えてくださいm(__)m

Camel

こんな人間が書いています。
プロフィール