検索

【妄想】野生の弓兵対策を学んでみないかい?

045947 G

ポケモンGOに刺激されたんですけどね。 第一線で書いていらっしゃる方々に勝てる訳もないので、妄想ネタです。もし自分が野生として生きていくとしたら、どうやって攻撃するか? 何をされたら嫌か? を考察したいと思います。 もし野生の弓兵に襲われたら参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)

前提条件

弓兵は私の最盛期の実力をベースに、野生で生きていける能力を足したくらいにします。弓は和弓です。

  • 弓道2段
  • 通常距離での的中率89%
  • 遠的での的中率80%
  • 3秒/1射
  • ミドルレンジであれば、畳は貫く
  • 徒党は組まない

通常距離とは28mで、体育館の長い方と同じくらい。的の大きさは36cmです。
遠的は距離が60mで、的の大きさが1m。

和弓は2射1セットなので、3射目は装填が必要。プライドは保ちたいので、射法八節は守る。

射法八節とは

ミドルレンジは10mくらいかな。通常距離なら、貫いたり刺さるだけだったり。

長距離攻撃の基本である飽和射撃は使えない

基本は隠れて長距離射撃

1人っきりの弓兵が取るべき道はただ1つ。隠密行動からの一撃必殺。マンガ 自殺島の主人公が獲物を捕る時と同じですね。っていうか、あれが野生化したらちょうどいいかも。

1発目で胴体を狙って、2発目でトドメを狙うのもありかな。でも、スカイリムによると1発では怯んでくれなそうなので、隠密からの3倍ダメージを狙うべきだね。(スカイリムっていうゲームでは、敵に発見される前に弓で攻撃すると3倍のダメージを与えられます)

見つかった時は

威嚇しながら退がるか、ギリギリまで引き寄せるかの2択かな。Wikipediaによると矢速は約34〜60m/秒らしいので、10mくらいまで引きつけたいね。時速216kmもあるとは思えないけど(笑)

和弓-Wikipedia

弦を切られた時は

マンガでよくあるパターンだよね、弦を切って負けた感じになるやつ。でも、意外と戦えると思う。弓って2m以上あるし、軽くてしなるから振りまわせる。突きもできるし、弦切られたー、終わったーとはならない。あと、右手に着けたグローブみたいなやつ(弽・ゆがけ)も親指だけ硬いから急所狙いで殴れるかも?

弓が切られたら

一時退避かな。さすがに弦だけで矢を放つことはできないし、お手上げ。弓も矢も全部放り投げて逃げると思う。弓矢だけでは近距離戦は対応難しいです。ただ、弓の交換に対応するのは結構簡単。数日もすれば新しい弓に慣れると思う。射形さえ崩さなければ、大きくはブレないはずだから。

弓兵を効率的に倒すには

ファイル H28 08 12 21 14 03

以上を踏まえた上で、野生の弓兵に襲われた際に有効な戦法を伝授しようと思います。
基本的に近接攻撃が当たる距離まで近づけば、弓兵は無効化できます。よって、いかに遠距離攻撃をされないように距離を詰めるかを考えます。物陰に隠れて近づくのはもちろん有効です。しかし、もっとお手軽にリスクを減らしつつ短時間で距離を詰めることができるのです。

まず、射手の正面に現れます。この時、弓兵にとってベストな距離である28m程度で構いません。そして、弓を引き狙いを定めているタイミングで横に走りましょう。方向は相手の腹側です。弓を引く時の第一歩は足を肩幅より広めに開くこと、二歩目は腰を落として下半身がブレないようにすることです。

上半身を回転させて対応できる範囲以上に移動できればリセットせざるを得ないので、同心円状に距離を詰めれば矢を放たれないはず。背中側方向への移動も視界から消えられるので有効ですが、弓を押す側への移動になるので、放たれた矢は真っ直ぐに飛んできます。タイミングをはかって矢を放たれた場合、運勝負になってしまいます。

逆に腹側に移動した場合は弓の引きが小さくなるので、狙った所に狙うどころじゃなくなります。放たれた矢はあさっての方向へフラフラと飛び、射手は自らの弦で腕や顔を傷つけます。和弓はしっかりと弓を押し角見を利かすことで体から弦が離れ、矢をまっすぐに放てるのです。(角見を利かす:弓を握った手の親指付け根で弓を押し続けることで、体の側にあった弦は一度外側へ膨らみ、その後もとの位置に戻って矢が放たれます。矢を放ったのちの弓は弦が手の甲側まで回転することが多いです)

ファイル H28 08 12 21 14 59

以上の理由より、野生の弓兵に襲われた場合は腹側方向へ横移動しながら同心円状に近づき、弓を破壊するか近接距離まで近づくことが重要です。いかがでしょう? 弓兵を攻略するイメージがつきましたか? この方法であればリスクを最小限に減らしつつ最大の効果を得ることができます。次回、野生の弓兵と対峙した際のご参考になれば幸いです。

こんな人間が書いています。
プロフィール

スポンサーリンク
レクタンブル(大)