検索

ちくしょう!娘に濡れ衣を着せられた(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

Camel

どうも、清廉潔白なラクダ@motomotocamelです。
生後9ヶ月の娘に濡れ衣を着させられました(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

本日は、事件の一部始終を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)

事件はお風呂場で起きた…

その日はいつもと同じように娘をお風呂に入れていた。
湯船に浮かべたアヒルで遊んだ娘はご機嫌だった。
お尻に開いた穴に指を突っ込んだり、シッポにかじりついたりと独特な遊び方だったが、それでもニコニコと可愛い笑顔を見せてくれていた。
「幸せとはこういうことなのだろう」
そう思っていた。
あんなことが起こるまでは…

最近はシャワーで流してます

娘の体を洗った後で泡を流します。
小さかった頃は手桶で優しくお湯をかけていたのですが、最近はシャワーを使って頭から流すという方法でやっています。
娘も泣かないし、親も楽だしでいいかなぁと。
これが悲劇の引き金になるとは思ってもみませんでしたよ…

意外とシャワー好きじゃん?

慣れないとシャワーの水流が怖いらしいです。
漫画『WILD HALF』に書いてありました。

だもんでシャワーにも慣れてもらおうと、胸のあたりにお湯がかかる距離でパシャパシャとさせていたんですよ。

意外と怖がらず、パシャパシャとテンション高めに手でお湯を弾き飛ばして遊んでいました。
「あれ、怖がらないんだなぁ」
のんきに構えていました。

パシャパシャ、パシャパシャ

興が乗ってきたんでしょうね。
パシャパシャする手がだんだんと近づいていき、体全体がシャワーの水流に寄っていっています。
はじめは胸のあたりにかかっていたお湯が首にかかり、最後は顔で受け止める形になりました。
懐かしの顔面ブロックです。

「あばばばば」

興奮していて気がつかなかったのでしょう。
急に口や鼻にお湯がかかり、混乱しながらジタバタと暴れました。
お湯で滑りやすくなった娘を必死で掴みながら、ジタバタとする娘をシャワーから引き離しました。

「できる父親だな」

こんな風に思っていたわけですよ。
次の瞬間までは…

ちょっと笑っただけじゃん(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

「あっはっはっはっはっー」

笑っちゃったわけですよ。

バシャバシャやって、テンション上がって、自分からお湯に突っ込んで暴れていたら笑っちゃうわけですよ。

そしたら娘がこんな顔でこっちを見ていました。

「いやいや、俺は押してないよ!?」

娘に言い聞かせて、またバシャバシャさせたわけです。
俺のせいじゃないって、わかってくれたんだなぁ。
いい子だなぁ。

バシャバシャさせながら浸っていました。

するとまた、「あばばばば」

慌てて引き離すと、こんな顔。

いやいや、俺じゃないって。
確かに笑ったけどさ。

納得したようなしていないような雰囲気で、娘はまたバシャバシャし始めました。

バシャバシャ

「あばばばば」

「あっはっはっはっ」

こんな顔

3度目は許してくれなかったらしく、そのまま大泣きされました。

本当に俺じゃないんだよー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

まとめ

0歳児に濡れ衣を着せられるとは思いませんでしたわ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
ちなみに、娘は後頭部からシャワーでお湯をかけられるのは好きらしいです。

話は変わりますが、『ワイルドハーフ』ってホノボノしてからが本番ですよね?
面白かったなぁ。

Camel

こんな人間が書いています。
プロフィール

スポンサーリンク
レクタンブル(大)