検索

なぜ冬?なぜ牡蠣?ノロウィルスの疑問と予防・消毒方法を薬剤師が解説

Camel

どうも、微生物の検査をしている薬剤師のラクダ@motomotocamelです。

毎年冬になると流行するノロウィルス。ほとんどの消毒薬が効かないので、ちゃんとした知識がないと予防するのが難しい感染症の1つです。

激しい嘔吐や下痢を引き起こすノロウィルスですが、どうしてほとんどの消毒薬が効かないのでしょうか?
どうしてノロウィルスで病院に行っても薬がないのでしょうか?

ノロウィルスについて解説し、効果的な消毒方法と家族を守るための予防方法について紹介します。

スポンサーリンク
レクタンブル(大)

ノロウィルスって?

ノロウィルスはどんな形をしてるの?

Norovirus

顕微鏡で見るとボコボコした丸い形です。
上の写真だと青い中心から赤い部分が出っ張っているようですが、本当は下の写真のように凹んだ球形をしています。

イラストにするとこんな感じですかね?
ボコボコになった卓球のボールが似ている気がします。

ノロウィルスの学名は、コップみたいに凹んでいるってことから名付けられたみたいですよ。

ノロウィルスの歴史

1960年代後半アメリカのオハイオ州ノーウォークで胃腸炎を引き起こすウィルスが発見されました。このウィルスはノーウォークウィルスと名付けられましたが、この時代の顕微鏡では姿を見ることができませんでした。

その後、電子顕微鏡という光の代わりに電子線を利用し、より小さな物が見られる顕微鏡が開発されます。この電子顕微鏡でノーウォークウィルスを観察したところ、小型の球形でした。そこから、Small Round-Structured Virusと名付けられ、略してSRSVと呼ばれます。

2002年になると胃腸炎を引き起こすSRSVには4種類存在することが確認され、ノーウォークウィルスはノロウィルスと呼ぶことにしました。

ちなみに胃腸炎を引き起こす他のウィルスには、札幌で発見されたサポウィルス、子供の下痢の原因となるロタウィルス、風邪の主原因であるアデノウィルスがあります。

なぜノロウィルスに感染すると下痢や嘔吐が起こる?

ノロウィルスに感染した時の症状は下痢と嘔吐です。また、38度以上の熱が出ることがあります。

なぜ下痢や嘔吐が起こるのでしょうか?

それはノロウィルスが小腸の細胞を破壊するからです。

食べ物と一緒に口から侵入したノロウィルスは、小腸の細胞に入り込みます。そして、細胞の増殖機能を勝手に使い、自分自身を増やしていきます。細胞内でどんどんと増えていったノロウィルスは、最後に細胞を破壊し脱出するのです。

細胞の外に出たノロウィルスは新しい別の細胞へ入り込み、また増殖を続けます。こうして次々と細胞が破壊されていき、下痢や嘔吐になるのです。

あの苦しさはノロウィルスが増えるために細胞を壊すから起こるのかもしれませんね。

感染から症状が出るまでは24〜48時間かかります。この間にノロウィルスは腸内で増え続けているというわけですね。増え続けたノロウィルスは1週間から1ヶ月程度、便中に混ざっているそうです。

当法人でのノロウイルス保菌者検査でもノロウイルス陽性者の感染暴露日時が不明であるが、検査当日を0日として排泄期間を求めたところ53%のノロウイルス陽性者は7日以内にノロウイルス陰性となっている。19%が10日以内、19%が15日以内、5%が20以内、4%が20日以上までノロウイルスを排泄していた。ノロウイルスの健康保菌者であっても約半数は1週間以上にわたりノロウイルスを排泄しているし、最も長い場合で26日であった。
サイト ノロウイルスのヒト腸管内での保有期間と対策-一般財団法人東京顕微鏡院

なぜノロウィルス感染症は冬に流行するの? 牡蠣の旬は関係ない?

ノロウィルス月別発生数

サイト ノロウイルスに関するQ&A-厚生労働省

グラフは厚生労働省が発表している月別のノロウィルス感染症の発生数の推移です。

11月から増え始め、12月と1月がピークとなります。2月から減り始めますが、5月までは10件以上食中毒が発生しています。夏は発生件数が少なくなりますが、それでも毎月100人以上はノロウィルスに感染しているようです。

なぜ2枚貝の中で牡蠣だけがクローズアップされるの?

oysters

2枚貝はノロウィルスを体内に溜め込みます。ノロウィルスが含まれた下水が海へ流れて行き、その水を2枚貝が飲み込むことで内臓に取り込まれてしまうのです。でもそれは牡蠣だけじゃないんです。

なぜ牡蠣だけがクローズアップされてしまうのでしょうか?

それは牡蠣を生で食べる機会が多いからです。

アサリやシジミも2枚貝で体内にノロウィルスを溜め込みますが、味噌汁や酒蒸しなど加熱して食べます。ホタテも2枚貝で刺身として生食をしますが、食べるのは貝柱です。よって、これらの2枚貝を食べてもノロウィルスに感染することはありません。

牡蠣だけは違います。牡蠣は生で内臓までを食べますね。このため、生きたままのノロウィルスがヒトの体内に取り込まれてしまうのです。

よって、牡蠣だけがノロウィルスを溜め込みやすい訳ではなく、食べ方の問題だと言えますね。

冬に流行るのはノロウィルスが長生きするから

グラフからもわかるように、夏でもノロウィルスに感染する方はいます。これはノロウィルスのついた食べ物を食べてしまう食中毒です。もちろん牡蠣の生食が増える冬の方が食中毒は増えますが、流行する理由はそれだけではありません。

ノロウィルスは冬の方が長生きなんです。

ノロウィルスの仲間のネコカリシウィルスで調査した結果では、20℃では約1ヶ月の生存期間ですが、4℃では約2ヶ月に伸びるそうです。

乾燥状態の 4°Cで約2ヶ月間、20°Cまでで約1ヶ月間感染性が持続していました。温度が低いほど感染性持続期間が長いことから、冬場は長期間環境に生存して いると考えられます。
サイト
No.4 環境中ノロウイルスの感染性持続期間について-ノロウィルス情報

冬は乾燥状態で長期間生き続けてしまうことが、ノロウィルス感染症の流行に影響しています。

ノロウィルスが含まれた吐瀉物(ゲ○)や糞便(ゲ×)が廊下などについてしまった場合、きちんと消毒できていないと乾燥してノロウィルスをくっつけたまま飛び散ってしまいます。これが口から体内に侵入したり、手やまな板を経由して食べ物と一緒に摂取してしまったりします。トイレのドアノブなんかも危険ですね。

一人の患者から大量のノロウィルスが吐き出され、2ヶ月も漂い続けてしまう。これが冬にノロウィルス感染症が流行する理由です。

う○こ1gで100万人が感染する強力な感染力

ノロウィルスが毎年流行する理由の一つが強力な感染力です。なんと、ノロウィルスを100個摂取しただけで感染してしまいます。

ヒトの体は様々な免疫を持っています。唾液や胃液もそうですし、白血球などもヒトの体を守っている免疫細胞です。これらの免疫を持ってしても、たった100個のノロウィルスで破られてしまうのです。

一般の人が食中毒病原体に感染して発症するのに必要な病原体数は、大ざっぱに言って10万以上です。しかし、ノロウイルス、腸管出血性大腸菌O157、カンピロバクター、クリプトスポリジウムでは、100〜1000という少数で発症します。
サイト 最小発症菌数-新潟薬大食品安全研究室

糞便中のノロウィルス量はマチマチですが、上記のHPでは1〜10億個とされています。10億個のノロウィルスが何人のヒトを感染させるかを計算したところ、

100,0000,000÷100=1,000,000

う○こ1gで100万人に感染させる力があることになります。

ただし、感染者の3割〜6割の方は下痢や嘔吐の症状が現れません。症状が現れていないだけでノロウィルスの排出はしていますので、ちゃんと手を洗っていない方が一人いるだけでノロウィルスはどんどんと広がってしまいます。

感染した人の一部は症状が出ない場合があります。これが不顕性感染です。ウイルスのタイプや感染 者の健康状態にもよりますが、感染者全体の3割から6割の人が不顕性感染者となることもあります。顕性感染者の便にも、症状がある人と同様に、1gあたり数億個のノロウイルスが含まれます。
サイト 顕性感染に注意!ノロウイルス食中毒を防止しましょう!
-たまこだいら 食品衛生情報

ノロウィルスが流行した時の予防方法は? 消毒はできるの?

食べ物は90℃で90秒以上加熱しよう

ノロウィルスのデータは現時点でありませんが、厚生労働省では85~90℃で90秒以上加熱することを推奨しています。これは、ノロウィルスと似ているA型肝炎ウィルスの実験データで85℃で1分間加熱で感染力を失うという結果より推測したものです。

一般にウイルスは熱に弱く、加熱処理はウイルスの活性を失わせる(失活化といいます。)有効な手段です。ノロウイルスの汚染のおそれのある二枚貝などの食品の場合は、中心部が85℃~90℃で90秒以上の加熱が望まれます。
サイト ノロウイルスに関するQ&A-厚生労働省

また、国際連合食糧農業機関(FAO)と世界保健機関(WHO)が設立した、食品の国際基準を作る国際機関の作成したガイドラインでも90℃で90秒間の加熱が必要とされています。

Cooking procedures in which an internal temperature of the food reaches at least 90 °C for 90 seconds are considered adequate treatments to destroy viral infectivity in most foods.
サイト GUIDELINES ON THE APPLICATION OF GENERAL PRINCIPLES OF FOOD HYGIENE TO THE CONTROL OF VIRUSES IN FOOD-CAC/GL 79-2012

よって、食品をしっかりと加熱することがノロウィルスを予防する第一歩と言えます。

手洗いは誰にでもできる最も効果的な予防方法

Day 256

食品についたノロウィルスは加熱で退治できますが、手が汚れていたら意味がありません。手をしっかりと洗うことが、誰にでもできてコストパフォーマンスが良い、最も効果的な予防方法です。

次で説明しますが、ノロウィルスには消毒薬が効きにくいです。日常的な手の消毒には、特別なアルコール消毒薬しか効果がないと言われています。

ですので、ノロウィルスを洗い流せる手洗いが重要で効果的な予防方法として推奨されています。

指先や指の間、親指、手相のシワ、手首は洗い残しが多い箇所ですので、意識的に洗ってくださいね。

ノロウィルスに消毒薬が効きにくい理由は○○が無いから

ノロウィルスに汚染された洋服を消毒できるのは次亜塩素酸ナトリウムだけです。漂白剤に含まれる成分ですね。でも、なんでノロウィルスは消毒薬に強いのでしょうか?

それはノロウィルスにはエンベロープという器官を持っていないからです。

エンベロープというのは「封筒」という意味の言葉で、ウィルスの外側にあってウィルスの弱い部分を守る役割をしています。インフルエンザウィルスはエンベロープに守られたウィルスの仲間ですが、ノロウィルスはエンベロープを持たないグループに属しています。ウィルスにとってのエンベロープは、宇宙飛行士にとっての宇宙服みたいなものです。

こう聞くとエンベロープを持つインフルエンザウィルスの方がノロウィルスより強そうですが、実際は逆です。

ノロウィルスは宇宙服なしで宇宙に出られる生命体のようなものなのです。

消毒薬や石鹸は、エンベロープを壊すことでウィルスを退治します。宇宙服に穴を開けてしまうようなものです。エンベロープを失ったインフルエンザウィルスは直ぐに感染力を失ってしまいますが、もともとエンベロープが無くても生きていけるノロウィルスには消毒薬や石鹸がほとんど効かないのです。

生身の体一つで厳しい環境でも生きていけるノロウィルスには、生易しい消毒薬は効かないんです。

日常的に手の消毒に使える消毒薬については、こちらで説明しています

まとめ

毎年冬になると流行るノロウィルスについてまとめてみました。

ノロウィルスになると下痢や嘔吐の症状が出ることは知っていても、なぜ起こるのかまでは知らない方もいるかと思います。ノロウィルス対策にはノロウィルスを知ることは重要です。

この記事で一人でもノロウィルスに感染する人が減らせれば嬉しいですね。

Camel

こんな人間が書いています。
プロフィール

スポンサーリンク
レクタンブル(大)