検索

おばあさんが横断歩道を渡らない話

老人の、ゆったりとした飛び出しって怖いね。
目の前で見たんだけど、アレを続けていたら、いつ事故が起きても不思議じゃない。
ふらふら〜って感じの動きなのに、交差点待ちのトラックの後ろから出るのは危ないよね。普段運転しないんだけど、さらに車に乗るのが怖くなったよ。こういう時って何をしたらいいんだろうね?

スポンサーリンク
レクタンブル(大)

カートを使わないと歩けないくらい

こんなカートね。

歩く速度は想像通りだと思って。カート使って精一杯歩いても、若者よりはゆっくり。人の良さそうなおばあちゃんだったんだけど、近くに横断歩道があったのに使わないんだよ。人は見かけによらない? 多分、いつもやってて慣れちゃってるんだろうな。

IMG_1665.JPG

「昨日も平気だったから今日も大丈夫だ」

「乗用車の陰から出たことあるし、トラックの後ろからでも問題ない」

こんな感じなんだろうね。

ルールを守るべき理由

みんな守るべきだってのは前提としてね。それでも守らない人っているじゃん。車がいないからって信号無視したり、横断歩道のない場所で渡ったり。道路交通法に限らないけど。でも、弱者だって自覚がある人はルールを守るべきだよ。自分を守るために。

ルールを守ることって、自分の正当性を証明する根拠になるからさ。公共の福祉のためって言われてもピンとこなくても、自分を守るためって思ったらやる気出ないかな。

うーん、その場で書ききれなくって気持ちが乗らなくなっちゃったぜ。まとまらないけど、怖い場面に出くわしたなーってことで終わり!

スポンサーリンク
レクタンブル(大)