2017/08/167 Shares

英文法嫌いのためのgrammar入門【現在進行形】

image

あなたは英文法の授業って好きでしたか?
私は大嫌いでした。覚えることが多いし、過去完了進行形みたいな、完了しているのか進行しているのか分からない表現も納得できませんでした。

「過去完了進行形はhad been doingって形だから、覚えて」

どんな時に使うのか、過去完了と何が違うのか、そんなことが分からないまま高校生活を終えた気がします。なので、英文法は嫌いです。

こんな私でも比較的楽しめる英文法の本を見つけたので、自ら学ぶと共に情報を共有したいと思います。

それでは早速始めましょう。

スポンサーリンク



Present continuousとは

基本形

日本語にすると、現在進行形。 I am -ingという形です。もちろん主語によってbe動詞は変わるので、

  • I am writing my blog.
  • You are reading the blog.
  • It is working.

このような形で、適したbe動詞 -ingにしてください。

次のイラストを見てみましょう。

image

彼はトムです。
Tom is in his car. He is on his way to home.
→ He is driving to home.

意味は、このイラストにおいて「トムは家に向かって運転しています」となります。

否定のときは

否定したいときは、be動詞の後にnotがつきます。

  • I am not writing my blog.
  • You are not reading the blog.
  • It is not working.

疑問文のときは

疑問文にするときは、be動詞を先頭に持ってきます。-ingはつられて前に来たりはしません。

  • Am I writing my blog?
  • Are you reading the blog?
  • Is it working?

I am doing something ってどんな意味?

I am doing something は「やり始めている・まだ終わってはいない」状態です。

ファイル H28-09-05 17 30 45

行動の途中ってことですね。

  • I am trying work. (仕事をしようとしている = まだしていない)
  • She is making cakes.
  • It is not raining.

全部始めてはいるけど、終わっていない。行動の途中です。
It is not raining. が終わった時っていうのは、雨が降り出した時です。少し分かりにくいですね。

I am doing something はこんな時にも使えます。

image

「I am working to lead a big project in success.」

「大きなプロジェクトを成功に導くために、働いているところだよ」って感じです。

はて、電話をしているだけで働いてないですよね? トムはプロジェクトが始まってから終わるまでの間にいます。その合間に電話をしているところですね。

I am doing something. は、実際に今やっていない場合でも使える便利な言葉です。幼稚になってしまうことに目をつむれば、だいたいの行動はまかなえます。

よく一緒に使用される単語

Present continuous には、よく一緒に使用される単語があります。

  • (私は)今日、ケーキを作っている
  • 彼は今週、車で仕事に行っている
  • あのチームは今年、うまくいってない

今日や今週、今年みたいな言葉は、日本語でも一緒に使いますね。英語でも同じです。

  • I am making cakes today.
  • He is driving to work this week.
  • The team is not doing well this year.

まとめ

こんな感じで、ノンビリと進めていきます。誰かに教えるというよりは、自分の理解のために書いています。変な例文があれば、指摘してください。

現在形より先に現在進行形を説明したのは理由があります。その理由は次回の現在形の時に説明します。

なお、このシリーズはこちらの本を参考に進めています。進むのが遅すぎるって方や例題が欲しいって方はこちらをどうぞ。

英文法を学ぶぞってときに、世界で最も使用されている本の1つです。イギリス英語が学べますので、文法という意味では適していると感じています。

この本の優れている所は3点あります。
1つ目は優しい英語で説明されていることです。日本語の文法を学ぶなら日本語で行うのが良いように、英文法も英語で学ぶ方が無理に翻訳されなくて概念が分かりやすいです。
2つ目は、例題の質が良く種類も豊富なことです。並び替えや適した語句の選択だけだなくリスニングもあるので、総合的な英文法の能力が身につきます。
3つ目はほとんどの例文に音声が付いていることです。丁寧なイギリス英語で聴く力も高められます。

本の方が例題が多く、アプリの方が持ち運びに便利です。本を買うのであれば、CD有り答え有りにしましょう。

また、せっかく自己学習をしたならば英会話のレッスンにつなげてはいかがでしょうか?
英文法がしっかりとマスターできれば、話してておかしな事にはなりません。楽譜をを覚えてしまえば、音程外しても聴ける歌になるようなものです。
1日1回のレッスンでも、毎日続ければ雑談くらいならできるようになりますよ。

無料体験コースなら、懇切丁寧に教えてくれます。

「I am taking first trial class today」

今日勉強した英文法を使って、初めての体験コースだって伝えましょう。

経験談として、異性のフィリピン人の先生が話してて楽しいです。明るいですし、一生懸命に理解しようとしてくれます。ヨーロッパの同性が1番楽しくなかったです。真面目なんでしょうけど、間違えてる時に直されるだけなので盛り下がっていきました。

相手の国のことを聞いたり、好きな音楽の話をしたり、お勧めの本を聞いたりすると楽しいですよ。

英文法のまとめページ

こんな人間が書いています。
プロフィール