2017/08/1612 Shares

メーカー技術職なんだけど、出世をするほど仕事がつまらなくなる問題

やぁ、みなさん! お仕事楽しいですか? 仕事に飽きてきているラクダです。

Camel

私は技術職になりたくてメーカーに入ったので、初めのうちは楽しかったです。大変なこともありますが、実験をしててお金が貰えるのだから不満は少なかったのです。それが今はどうでしょう? そして、これから待ち受ける仕事のつまらない事… 技術職を目指す方が失望しないよう、つまらない理由を説明します。

スポンサーリンク



新人時代

job interview

新人のうちは楽しいです。初めて使う機械の使い方を覚えたり、先輩に教わってできる事が毎日増えていきますから。大学の研究室で飽きていた実験も、環境が変わるだけで新鮮な気持ちになれます。
先輩にも当たり外れがあるとは思いますが、昨今厳しいので人権はあります。アカデミックの世界ほどは上下関係は厳しくありません。

研究室時代はお金を払って厳しい上下関係の中行っていた実験を、お金を貰いながら報・連・相さえ守ればなんとかなる人間関係の中でできるのだから、サラリーマンも悪くないと思います。

比較対象が研究室時代なので、メーカー技術職の新人時代は気楽で楽しいものでした。

主任くらいまで

jobs

日々の試験では新しく覚えるような事もなくなり、マンネリに悩まされる時期。ミスを減らせるように工夫したり、最速を目指したり、何かしらの楽しさを編み出さないと辛い。けれど、慣れているのでプレッシャーなんかは無くなってくる。会社に行って、いつもの仕事をこなし、いつもの時間に帰る。プライベートな時間も作りやすい時期。ジムに行ったり、バーで飲んだり、料理をしたり、レイトショーで映画を観たり、オンライン英会話を習ったり。趣味に没頭できますよ。

この時期の後半は、ルーティン業務に加えて新しく調査の計画を立てたりと、今まで経験のない事にもチャレンジする機会が増えてくる。いつもの仕事から一歩踏み出した仕事を考える必要があるので、プレッシャーはかかるけれど面白い。責任のある仕事も増えてくるので、やりがいも感じられる。

係長から課長未満

Metallic ballpen tips / biro Ballpen Ballpoint pen in silver with handwritten random blue text on quad-ruled paper

私がいるのがこの辺り。以前は新しい事だと思っていた事が、ルーティン化していく。対象が変わっても方法が変わらない事に気が付いてしまう。先月作った計画書の数値を変えただけの計画書が出来上がる… 去年作った計画書の日付を変えただけの計画書も… それでも1つ1つの文書への責任は重くなるので、手続きだけは増えていく。技術職なのか事務員なのか、手を動かすよりキーボードを叩く時間が多くなっていく日々。

それともう1つ。マニュアル作りと記録用紙作り。既存の物整備も含む。作業者と作業内容をすり合わせ、誰にでも分かりやすくて間違えが起こらない文章へ落とし込んでいく。マニュアル通りに作業した事を証明するために、あらゆる作業内容を記録しているので、書きやすく確認しやすいような記録用紙を作成する。抜けてる項目がないように、不要な項目もないように。PC以外の機器を触る機会は、ドンドンドンドン減っていく(ーー;)

課長以上

Stamps!

ここは上司がいない時に代理でやった感想。まず、会議が多い。一日の大半を会議室で過ごす事も少なくない。社外の方との打ち合わせも増えていく。資材・原料の供給元の確認のため、日帰り出張も多い。PCすら触れない時間が増えていく。

1番つまらないのが、記録のチェック。作業者が書いた記録に不備がないか、誤魔化した記録がないかを1つ1つの確認していく。毎日毎日、何枚も何枚も。1日100項目以上をチェックし、ハンコをおす。日々、ハンコをおす。会議の合間にハンコをおす。打ち合わせの合間にハンコをおす。出張の合間にハンコをおす。ハンコをおす。技術職の技術は、ハンコをおす技術の事でしょうか? しかも、ハンコをおした責任はついてくる…

まとめ

上司って大変だなって思いました。

この後、結局転職しました。(2017年8月追記)

スカウトしてくれたリクルートエージェントのサポートが素晴らしかった話がこちら
ビズリーチを使ってやりたかった仕事にキャリアアップできた話がこちら

Camel

こんな人間が書いています。
プロフィール