8 Shares

原宿『Sweet XO』の巨大カラフルわたあめを30代男が1人で食べてきた

Camel

どうも、ラクダ@motomotocamelです。
中年太り対策に絶賛ダイエット中なのですが、娘のファーストシューズを買いに行ったついでに原宿で巨大なカラフルわたあめを食べてしまいました。

テレビで見て、「いつか食べてみたい!」と思っていたので食べられて嬉しいです♪( ´▽`)

本日は、原宿で有名な巨大カラフルわたあめ『レインボーマウンテン』について紹介したいと思います。

お店の場所や値段・味などもまとめましたので、あなたが行くときの参考にどうぞ。

スポンサーリンク



原宿『Sweet XO』で巨大カラフルわたあめ『レインボーマウンテン』初体験!

まずは写真を見ていただきましょう!
こちらが、原宿『Sweet XO』限定商品の『レインボーマウンテン』です!!!

完成したレインボーマウンテン

どうです、この大きさ(笑)
青い部分だけで人の顔くらいのサイズです。
持ってくれている店員さんの腕と比べると、サイズ感がわかりますね。
後ろのカップはスターバックスのトールサイズくらいです。

商品を受け取ったとき、「こんなに大きいわたあめ、1人で食べきれるのか…?」と若干後悔しちゃうほどのボリュームです。
女子中高生が持っているから大きく見えるだけだと勘違いしてましたよ(-_-;)

ちなみに、下から覗くとこんな感じです。

レインボーマウンテンを下から見た

なんかカラフルな入道雲みたいで好きなんですが、インスタ映えはしませんね。

持つところは太いストローのような素材なので、軽くて丈夫でした。

Smallは600円、Regularは900円。1人ならSmallがオススメ!

『レインボーマウンテン』には2つのサイズがあります。
3つの味のSmall と5つの味のRegular です。
価格は下の通りでした。

  • Small は3つの味で600円(税込648円)
  • Regular は5つの味で900円(税込972円)

レインボーマウンテンのメニュー

あなたはどちらを選びますか?

「せっかく食べるならRegularでしょ!」

観光気分で訪れた方がよくやる失敗です。
1人なら、絶対にSmallにしましょう

おっさんだと確実に血糖値がヤバイことになります。
血糖値が問題なくても、口の中が甘ったるくて美味しく食べきるのは不可能です。

私が注文した顔よりも大きい物でSmallです
Smallですら、食べ終わった後にエスプレッソを飲みたくてカフェへ逃げ込みました。
周りを見ても、Regularは3〜5人でシェアしていましたよ。
Smallですら、1人で食べてる人はいなかったかな…

男1人で『レインボーマウンテン』を食べるなら、絶対にSmall をオススメします。

味はいちご、レモン、メロン、青リンゴ、プレーンの5種類!

わたあめは色によって味が違うそうです。
下にまとめました。

  • ピンク・・・いちご
  • 黄色・・・レモン
  • 緑・・・メロン
  • 青・・・青リンゴ
  • 白・・・プレーン

レインボーマウンテンのフレーバーメニュー

今回はいちご、青リンゴ、プレーンを食べました。
正直、味の違いはわかりませんでした(-_-;)

注文の仕方と待ち時間の目安

1人で事前情報無しでお店に行ったら注文の仕方がわからなくて、店員さんに3回も聞いてしまいました。
次回迷わないように注文の仕方と今回の待ち時間をまとめます。

  1. 店は1Fにある
  2. 列ができていたら、最後尾に並ぶ
  3. 店は奥に深い構造で、再奥で注文する
  4. Regular は1種類、Small は3種類
  5. 「Smallの○番」と注文する
  6. 作っているのを眺める(目の前で作ってくれる)
  7. わたあめを受け取ったら、入口の方へ引き返す
  8. 半分ほど戻るとレジがあるので、代金を支払う
  9. 店の外で食べる
  10. 棒はレジ前のゴミ箱に捨てる

これが一連の流れです。

お店の入り口には『レインボーマウンテン』のポスターが貼ってあります。

レインボーマウンテンのポスター

注文する窓口の横には、手書きのメニューがありました。
今回はSmallの2番を選びました。

レインボーマウンテンのメニュー

注文すると、こんな感じで作ってくれます。
クルクルと上手に作るなぁ。

レインボーマウンテンを作っているところ

今回は8月の平日正午頃にお店に行ったところ、約5分ほどで購入できました。
前に1人しかいなくて、逆に列の最後尾がわかりにくかったです(笑)

優しい店員さんなので、男1人でも大丈夫

1人でお店に入るのは慣れているものの、女子中高生の聖地・原宿にあるわたあめ屋さんには行ったことがありませんでした。

変な目で見られるのはOKですが、追い出されないか心配でしたね。

そんな心配をよそに、『Sweet XO』の店員さんは優しくフレンドリーでした。

片手にわたあめを持っていたので財布を出すときにもたついた時も、レジ打ちの店員さんがわたあめを受け取ってくれました。
写真も撮りたいってお願いしたら、別の店員さんが持ってくれました。

男のひとり客は見たことがないそうですが、なにも問題なくわたあめを楽しめました。

食べるときに気をつけるべき唯一のポイント

ここで1つ、食べるときに気をつけてもらいたいポイントをお知らせします。

わたあめの大きさに夢中になって周りを見ないと、顔や腕などが色のついた砂糖水でベタベタになります

唾液で溶けたわたあめが、知らないうちに垂れてしまうんです。

白シャツにも青い汁が…

シャツについた青いしみ

わたあめにかぶりつくなら垂れてくる液に気をつけて!

もしくは、

手でちぎって食べましょう

原宿『Sweet XO』の店舗情報

  • 店舗名: Sweet XO Good Grief (スウィート エックスオー グッド グリーフ)原宿竹下通り店
  • ジャンル: スイーツ
  • 営業時間: 11:00〜20:00
  • 定休日: 無休
  • 駐車場: なし
  • 住所: 東京都渋谷区神宮前1-16-6
  • 電話: 03-5413-6683

まとめ

本日は原宿にある『Sweet XO』で初めて食べた、巨大カラフルわたあめを紹介しました。

わたあめは大好きなのでスーパーで売っている袋入りのものを食べていたのですが、マウンテンレインボーは満足感が違います。
3つの味を楽しめますし、圧倒的なボリュームとインパクトが話のネタにもってこいですよ。

店員さんはフレンドリーで優しいので、男1人でも問題なく楽しむことができました。
「男性1人のお客さんは、ほとんどいませんね」って言われちゃいましたけどね(笑)

テレビで見て、「カラフルな巨大わたあめを食べてみたい」と思った男性も勇気を出して行ってみてください。
絶対に楽しめますよ♪( ´▽`)

ちなみに、シャツについたシミは水とペーパータオルで拭き取ったら簡単に取れましたよ(笑)

Camel

こんな人間が書いています。
プロフィール