3 Shares

『なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?』のあらすじと感想!理解できない商品を売っている怖さ

Camel

どうも、最近『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観て、金融業界に興味が湧いたラクダ@motomotocamelです。
ウルフオブウォール・ストリートでは、かなりはちゃめちゃに描かれていた金融業界ですが、どこまで本当なのでしょうか?
投資銀行では全員が違法な手段で大儲けし、これが2008年のリーマンショックを引き起こしたのでしょうか?

この疑問に答えるため、ヨリス・ライエンダイクが書いた『なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?』という本を読みました。
ロンドンの金融街で働く200人以上にインタビューをした記者がまとめた、金融業界の人間模様を描いたノンフィクション作品です。

金融の知識は全くなかった著者が徐々に業界用語を理解し、怒りや恐怖を感じる様に惹きつけられます。
難しい話は出てこないので、「ロンドンの金融街ってどんな職場なんだろう?」って方でも楽しく読めます。

本日は、英イブニング・スタンダード紙の「Best Books of 2015」に選ばれた『なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?』を紹介したいと思います。

スポンサーリンク










あらすじ

「毎日、法に触れることを目にするよ」
「別にいいんだ。自分のカネじゃないし、ってね」
「最も影響力のある国際ジャーナリスト」がロンドンの金融街で働く200人以上にインタビュー。
一面的にしか語られてこなかった金融業界の人間模様を描いた傑作ノンフィクション!
オランダで30万部のベストセラーを記録!
Financial Times、The Atantic、GQ、Telegraphが激賞しオランダの市民が投票する「NS Public Book of the Year 2015」受賞、イギリスThe Evening Standardの「Best Books of 2015」選出!

この本の言いたいことは、ただ1つ。
「リーマンショックは2度と起きないのか?」 ということだ。

これまでは金融業界から縁遠かった著者が、素人ならではの疑問を持ってロンドンの金融街へ乗り込む。
インタビューした内容を記事にしてブログに掲載しようとするが、初めは誰もインタビューに応じてくれない。

金融業界には、沈黙の掟があるからだ。
記者と話しているところを同僚に見られただけで、退職金無しでクビになる世界。
そのうえ、裏切り者は同業他社で働くこともできなくなる。
インタビューが進まないのも当然だった。

色々なツテを使った結果、インタビューを「受けてもいい」という返事をもらえた。
小さな投資銀行を営む男性だった。
フリーで働く金融マンであれば、沈黙の掟も関係ない。
彼はこれまで明るみに出たことのない金融街の裏側を教えてくれた。

出航直後に暗礁に乗り上げた取材だったが、初めの1人の記事が掲載されれば、大反響をよんだ。
一般の読者からのコメントだけでなく、金融マンからの賛否両論が続々と寄せらる。

「共感した!違う部署からの意見を聞いて欲しい」
「彼は勘違いしている!自分達が素晴らしい仕事をしていると反論させろ」
「恋人が金融業界に入って変わってしまった!自分の人生も振り回される。どうしたらいい?」
彼らからのインタビューがブログに載ると、さらなる反響を呼び、徐々に金融業界の深部へと入り込むこととなった。

中立派タイプや宇宙の支配者タイプ、仕事ひと筋タイプ、妄想タイプとのインタビューの中で、著者は一つの結論にたどり着く。

「グローバルな金融機関は空のコックピットだ」

メガバンクと巨大金融機関の運営はグローバルなのに、政治と規制は国家単位か、せいぜい大陸または地域ブロック単位だ。
国家さえも小さく見えるような規模と権力を持つ、グローバルな金融機関を制御できる人はいない。

「金融機関のトップならコントロールできるでしょう?」
そう思う人もいるはずだ。
しかし、インタビューでは金融機関のトップですら自ら売っている商品について理解できていない。
コンピュータの進歩により、金融商品はどんどんと複雑になっていったからだ。

金融は世界の市場における心臓だ。
送り出す血液が多すぎても少なすぎても身体に支障が出る。
心臓がほんの短い間でも動きを止めたら、回復できないほどのダメージを受けることもある。

リーマンショックの後も規制はグローバルな金融機関の働きに追いついていない。
むしろ、新しい規制によって小さな金融機関は存続できなくなり、少数の金融機関が独占する業界となってしまった。

リーマンショックは、形を変えてまた起きるだろう。
普通の市民が平和的に、グローバル金融機関から力を取り戻すための最高の武器は民主主義である。
奴隷制度の廃止と女性の解放を成し遂げた私たちであれば、グローバルな金融機関も改革できるはずである。
政治を皮肉っているだけでは、誰の役にもたたない。

感想

リーマンショック後の金融業界も次なるリーマンショックを防ぐことはできないということにショックを受けました。
全世界の金融機関がストップし、あらゆる商売が滞るギリギリまでいってしまった過去を反省するのではなく、「あの危機すら乗り切った」と自信を深めている人もいる。
それは個人の資質ではなく、金融業界の構造的な問題だと感じます。

顧客に対して「自分は常に成功している」と魅せなければならない営業方法やボーナスに偏った給与体系、いつ誰がクビになってもおかしくない人事制度が、より高いリスクを取ることを後押ししているように思います。

成功しているイメージを魅せることは、映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でも描かれていました。
「みすぼらしい人間に大金を預けるのか?」
「自信に満ち溢れている人間と卑屈な人間のどちらを信じるのか?」
金融の営業は、投資家の心理を巧みに利用して商品を売りつけます。
そのために高級な万年筆を使い、高価なスーツに身を包み、お金持ちが集まるサロンに出入りする。

投資銀行の給与の大半はボーナスによって支払われるようです。
例えば顧客が5年間保有する投資信託を売った場合、5年分の手数料がその年のボーナスで一括で支払われます。
5年分の金額が1年で支払われるので、ボーナスは莫大な金額になります。
顧客が年金機構のような大口であれば、億を超えてもおかしくはありません。
そして一度慣れてしまえば生活の質を下げることは難しいので、翌年はこれまで以上の金額を手にしなければ満足できません。

上司が変わった日に人事に呼ばれたら終わり。
これがロンドンの金融街の日常です。
新しく入った上司は自分の有能さを証明するため、まずは人件費のカットを行います。
上司が交代するのは売上が落ちている部署なので、その時は人数が減っても対応できます。
しかし、景気が回復し、仕事が増えてきたら?
今いる社員の給与を上げることはしないので、外から高額な給与をエサに引き抜きを行うんです。
そして、不満を持った社員も別の会社に引き抜かれていく。
辞めさせやすいし辞めやすい。

これらが複雑に組み合わさって、より高いリスクを取る必要性に駆られる。
複雑すぎて理解のできない金融商品が増え、ITにより人間の目で追えない速度で売買が繰り返される現在の金融業界は、リーマンショックが起きた2008年より潜在的な危険性は高いかもしれません。

PCがおかしな取引を繰り返している時、どうやって対処しているかわかりますか?

『なぜ僕たちは金融街の人びとを嫌うのか?』によると、コンセントからケーブルを引き抜くそうです。
AIやディープラーニングが進化し、取引のブラックボックス化が進む中で、どうやってリスク管理をするかが重要になると考えました。

次に金融危機が起きた時には、リーマンショックよりも広範囲に大きな影響を与えると思います。
年金やら株のことを考えると、怖くなりますね。
もちろん、政治やら外交やらの問題も怖いですが。

民主主義の保持と政治への言及で終わるところは、さすがリベラル派の新聞(The Guardian)の記者だなぁと思いました。
そんなリベラルな新聞社の記事として、『コントロールできないグローバリズム』に警鐘を鳴らしている点も興味深い本でした。
これは著者のヨリス・ライエンダイクが中東特派員として5年間エジプト・レバノン・パレスチナで過ごした経験が影響しているのかと感じます。

業界で働く当事者ではありませんので、内側からの改革はできません。
なにができるかなぁ?
選挙に行くことくらいか?

まとめ

理解してない商品を売っているって怖い。
けれどこれは、金融商品に限らないのかもしれないなぁ。

うまく回っているように見えることも、ツギハギだらけで動かしていることもあると学びました。

Camel

こんな人間が書いています。
プロフィール