書評

スポンサーリンク
買って良かった製品の紹介

『光圀伝』のあらすじと感想。30代男性の魂を震わす小説でした

どうも、水戸黄門はいやらしい言葉だと思っていたラクダ@motomotocamelです。 みなさんも子どもの頃は思いましたよね? 本日は、冲方丁の『光圀伝』について紹介したいと思います。 『光圀伝』ってどんな本? 『光圀伝』は、水戸...
買って良かった製品の紹介

朝井まかて『恋歌』あらすじと感想。和歌が紡ぐ幕末の女性の数奇な運命

どうも、「31字に命をかける」という言葉に感銘を受けたラクダ@motomotocamelです。 本日は、朝井まかてさんの書いた小説『恋歌』について紹介しようと思います。 中島歌子という歌人をごぞんじですか? 樋口一葉・三宅花圃の師と...
買って良かった製品の紹介

【ネタバレ】小説『1984年』のあらすじと二重思考の考察

どうも、『動物農場』に続いて『1984年』も読みました。 「自分の外側に現実はあるのか?」 そんなことを考えているラクダ@motomotocamelです。 『動物農場』を読んでから、あまりの興味深さに急いで買った『1984年』ですが、...
買って良かった製品の紹介

『動物農場』の感想とあらすじ。寓話でわかる全体主義の恐ろしさ【ジョージ・オーウェル】

どうも、小説も書いてみたいなラクダ@motomotocamelです。 非日常的なファンタジーや爽快な歴史物もいいですが、たまには社会を風刺した小説も読んでみたいですよね。 ただ、風刺物の小説は難しい。 風刺されている社会問題について理...
スポンサーリンク