検索

手ピカジェルと手ピカジェルプラスの違いと危険性を薬剤師が解説!【食中毒、インフルエンザ、ノロウィルス対策】

皆さんは「手ピカジェル」をはじめとした消毒用エタノールゲル製剤を使ったことがありますか? 子供がいると、手を洗えない場所でも消毒したくなることもありますよね? そんな時、バッグの中に忍ばせておくと便利なのが手ピカジェルです。 しかし、ドラッグストアに買いに行くと、ピンク色の手ピカジェル黄色の手ピカジェルプラスが並んでいます。この2つの違いが分かりますか? 食中毒やインフルエンザ、ノロウィルス対策にはどっちを使えば良いか知っていますか?

キャメル
少し高いからプラスを使っておけばいいだろう

キャメルみたいなことを言っていると、危険ですよ。
効果の違いを理解して使わないと、雑菌を減らしたつもりが増やしてしまうことまであります。せっかく高い方を使ったのに、逆効果だったら嫌ですよね? プラスを使った方がいい時と普通のでいい時もあります。これらをしっかりと理解して、病原菌から赤ちゃんを守りましょう。

もちろん、大人の方も参考にしてください。感染症予防にもなりますよ!

スポンサーリンク
レクタンブル(大)

成分から見る2製品の違い

手ピカジェルの含有成分は

添付文書によると手ピカジェルの含有成分をキャメルに紹介してもらいます。

キャメル
しょうがねぇな
* 有効成分:エタノール(76.9〜81.4 vol%)
* 添加物:ヒアルロン酸Na、グリセリン、トコフェロール酢酸エステル、カルボキシビニルポリマー、トリエタノールアミンだぞ

大雑把に言うと、ヒアルロン酸とグリセリンは保湿成分、トコフェロール酢酸エステルはビタミンE誘導体なので皮膚の補修、カルボキシビニルポリマーは色々な成分を混ぜる成分、トリエタノールアミンはpHを一定に保つための成分です。

エタノールは皮膚の油分を減らしてしまうので、手荒れを起こしやすくなります。消毒用エタノールだけだと手がカピカピになったり、パサパサしたりしませんか? こうなってしまうのを防ぐため、保湿成分やビタミンE誘導体を添加しています。pHの変化は製品の品質に影響してしまうので、トリエタノールアミンが入り、全部を均一に混ぜるためにカルボキシビニルポリマーを使用します。

あっ、ちなみにエタノール濃度が76.9〜81.4vol%なのも理由があって、この濃度が高すぎても低すぎても殺菌効果って下がるんです。エタノール濃度が高すぎると細菌を殺す前に乾いちゃうんですよ。低すぎると水に近くなっちゃいますし。この濃度は科学的な根拠があり、どこのメーカーでも消毒用エタノールは同じくらいの濃度になっています。

キャメル
スピリタスじゃ消毒できないってことだな

手ピカジェルプラスの含有成分は

次に手ピカジェルプラスの含有成分を紹介してもらいましょう。

キャメル
* 有効成分:エタノール(76.9〜81.4 vol%)
* 添加物:リン酸、グリセリン、アラントイン、ミリスチン酸イソプロピル、グリセリン 脂肪酸エステル、パラオキシ安息香酸エチル、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩、ヒドロキシプロピルセルロースだぞ
さっきと比べて、添加物多くないか?

この製品のポイントとなっているのは、添加物に入っているリン酸だよ。リン酸を添加することで手ピカジェルを酸性にしているんだ。pHの数値は出ていなかったけど、弱酸性ってなっているね。記事が華やかになりそうなんで、リンク貼っておくから、気になる方は見てみてね。

ちなみに、弱酸性はpH3.0〜6.0なんで、結構幅広いよ。pH3.0は食酢やリンゴくらい、pH6.0はミネラルウォーターやキュウリくらい。お酢とミネラルウォーターが同じ分類なんて、大雑把だよね。ある程度酸性に傾けないとリン酸を入れる意味がないから、お酢に近いpHだと予想している。弱酸性シャンプーと同じくらいだったら、肌のpHと同じって書くと思うからね(弱酸性シャンプーのpHは5.5〜6.5だよ)

他の添加物は皮膚の補修成分(アラントイン、ヒドロキシプロピルセルロース)や防腐剤(パラオキシ安息香酸エチル、N-ヤシ油脂肪酸アシル-L-アルギニンエチル・DL-ピロリドンカルボン酸塩)、それと均一に混ぜるための成分が入ってるよ。リン酸を入れるために、色々と検討したんだと想像できるね。

手ピカジェルプラスはノロウィルスにこそ使うべき

消毒用エタノールを酸性にする理由は1つ。ノロウィルスをやっつけるためだ。

キャメル
正確にはノンエンベロープウィルスだけど、ノロウィルスの消毒が普通の消毒用エタノールではできないって問題の対策にpHあげてるんだ

ノロウィルスはエタノールが効きにくいので、病院でも悩みの種だったんだ。流水での手洗いが有効なんだけど、病室に水道なかったり、緊急時に毎回手洗いするのは現実的じゃないからさ。どうしても、消毒用エタノールが必要なんだ。この問題解決への一歩目がpHを下げた消毒用エタノール。これを家庭用に販売したのが手ピカジェルプラスといえるよ。

手ピカジェルプラスの危険なところ

ノロウィルスに効果的な消毒用エタノールとして作られた手ピカジェルプラスなんだけど、使い方に注意が必要だよ。簡単にいうと、手ピカジェルより手荒れを起こしやすいんだ。攻撃力を高めすぎた結果、扱いにくくなった武器って沢山あるでしょう? それをイメージしてくれれば、だいたい合っている。

キャメル
お酢とエタノールを混ぜたものだとお思えば、想像しやすいだろ?

肌荒れしたところにエタノールかけるとめっちゃしみるので、子供は特に使いたくなくなっちゃうんじゃないかな? いろんな物を触っちゃう子供にこそ使って欲しいところなんだけど。

他にも、手荒れを起こした皮膚は表皮だけでなく毛穴や肌の中にいる菌も表に出てきちゃうんだ。製品の中に皮膚の補修成分なんかを入れて防ぐ努力をしているんだけど、普通の手ピカジェルに比べると子供向けじゃない。

雑菌に対しては、手ピカジェルを使うべき

キャメル
手ピカジェルプラスの良いところとリスクについて、理解してくれたか?

ノロウィルス以外の雑菌やウィルスに対してなら、普通の手ピカジェルも同じくらい効果的だよ。だから、春〜秋ならピンク色の手ピカジェルを使うのをお勧めする。だって、効果が一緒なら安くて手荒れしにくい方が良いじゃない?

できればこまめに消毒をして、病原菌から子供を守って欲しいんんだ。だから、ノロウィルスの心配がない時には普通の方をしっかり使って欲しい。使った後に赤くなったりアレルギーがなければ、子供が使っても舐めても大丈夫だよ。

感染症対策にはオススメなのはどっち?(2016.11.30追記)

食中毒対策には手ピカジェル

食中毒対策には、普通の手ピカジェルがオススメです。

食中毒を引き起こす細菌の除菌はエタノールで十分です。強力な手ピカジェルプラスは効果は変わらず手荒れの危険性だけが増えます。

よって、消毒用対策に使用するならピンク色の手ピカジェルを使用しましょう。

インフルエンザ対策には手ピカジェル

インフルエンザ対策には、普通の手ピカジェルがオススメです。

インフルエンザウィルスはエタノールに弱いので、強力な手ピカジェルプラスを使う必要はありません。

冬は手荒れしやすいので、手に優しい手ピカジェルを使いましょう。

ノロウィルス対策には手ピカジェルプラス

ノロウィルス対策には、手ピカジェルプラスがオススメです。

ノロウィルスは、普通のエタノールが効きにくいからです。
手ピカジェルプラスはエタノールが効きにくいウィルスを除菌する為に開発されたので、ノロウィルス対策には手ピカジェルプラスを使いましょう。

ノロウィルスに消毒薬が効きにくい理由や冬に流行る理由をこちらの記事にまとめています。(2017年1月8日追記)

しかし、冬の間ずっと手ピカジェルプラスを使い続けるのは危険です。使い始めるタイミングには、付近でノロウィルスが流行し始めたらがいいでしょう。

もし家族がノロウィルスに感染してしまったら、対策キットと塩素系漂白剤を使いましょう。

吐瀉物(ゲ◯)を安全に片付けるには、以下の物が必要です。

  • 帽子
  • マスク
  • エプロン
  • 手袋
  • 靴カバー
  • 吸水シート

「ノロウィルス感染に備えて、全て用意しましょう」

そう言われても難しいと思います。そこで、1回分をまとめたキットを常備しておくのをオススメします。なってからでは遅いので、準備しておくと安心ですよ。

さらに、吐瀉物がかかってしまった場所や服などを除菌するには塩素系漂白剤が有効です。水拭きではウィルスを広げるだけなので、塩素系漂白剤が必要です。手ピカジェルプラスでも効果が足りません。

食器用や衣類用の塩素系漂白剤を、塩素濃度約200ppm(0.02%)に調製して使いましょう。何倍希釈かは商品によって異なります。

専用の除菌剤を購入すると、調製する手間が省けて便利です。

ちゃんとした使い方を守ってね

150714130788 TP V

ちゃんとした使い方って言っても難しいことはないよ。

キャメル
* 汚れが付いていたら、先に流水で洗うんだ
* ケチらずに、しっかり両手に広がる量を使え
* 親指や手のひら、手首、指先あたりが忘れられがちだからな

ちゃんと使えば便利な製品なので、正しい知識をつけて赤ちゃんや子供を病原菌から守ろう!



こんな人間が書いています。
プロフィール

スポンサーリンク
レクタンブル(大)

『手ピカジェルと手ピカジェルプラスの違いと危険性を薬剤師が解説!【食中毒、インフルエンザ、ノロウィルス対策】』へのコメント

  1. 名前:シリウス 投稿日:2017/01/16(月) at 09:54:22 ID:2c84c0a3f 返信

    大変分かりやすい記事でした!このようなブログに投稿するのは初めてですが、そうしたくなるほどラクダさんのセンスを感じます。ありがとうございました。

    • 名前:motomotocamel 投稿日:2017/01/16(月) at 10:44:02 ID:cc5ec55df 返信

      シリウスさん、ありがとうございます(´∀`)
      分かりやすいと言っていただけるだけでも嬉しいのに、センスまで褒めてもらって照れてしまいました。ブログを続ける励みになります♪