2017/08/161 Shares

離乳食のストレスから解放してくれたベビーチェア【トリップトラップ】

Camel

どうも、0歳の娘がいるラクダ@motomotocamelです。
休みの日は私が離乳食を食べさせているのですが、あれって大変ですねー。

ローチェアタイプのベビーチェアを使っていたのですが、娘が立ち上がったり椅子の上でクルクルと反転してみたりと、落ち着いてご飯を食べてくれません。
ご飯を食べないだけなら良いのですが、椅子の上に立ち上がって外側に身を乗り出すものだから危なくてハラハラします。

2回ほど顔から落ちていますしね…

「落ち着いて座ってくれるベビーチェアないかなぁ」

色々と探している時に見つけたのが、MUJIカフェ(Cafe&Meal MUJI)で貸してもらったストッケのトリップトラップ。

これが使いやすい!

夫婦揃って、「これが欲しい!」となったので、即断即決買っちゃいました。

本日は、ストッケのベビーチェア『トリップトラップ』を紹介したいと思います。

ストッケのトリップトラップが気になっている方も、使いやすいベビーチェアを探している方にも役に立つ記事です。

スポンサーリンク



これまで使っていたベビーチェア

1人座りできるようになってから、ご飯の時にずっと使っていたベビーチェアはKATOJIのローチェアタイプです。
貰い物ですので古い物だと思いますが、痛みもなく良い品でした。

生後9ヶ月くらいまでは落ち着いて離乳食を食べてくれていたのですが、つかまり立ちを始めてからはダメでした。

立ち上がるのが面白いのか、椅子の上に立ってしまうんですよ。

娘のご飯に50分以上かかってしまい、さらに危険という事で悩んでいました。

うちはダイニングテーブルと椅子の生活なので、できれば娘も親と同じ目線でご飯をあげたかったです。
むしろ、私が娘と一緒にご飯が食べたかったのかも?

そういうことで、ハイチェアタイプで使いやすく、娘が落ち着いてご飯を食べてくれるベビーチェアを探すことにしました。
(できればオシャレなやつ)

そんな時にたまたまMUJIカフェで見つけたのがストッケのトリップトラップ。

これは欲しかったイメージにピッタリでした!

驚きの7年保証!一生モノのベビーチェア

1932年にノルウェーで創立したストッケ(Stokke)は、人間工学に基づいた高級な子ども向け製品を販売しているメーカーです。
数ある製品の中でもトリップトラップ(Tripp Trapp)は1972年に誕生したベビーチェアで、ストッケが子ども向け製品の開発に力を入れだした最初の製品でもあります。
(札幌オリンピックの年ですね)

Tripp Trapp®(トリップ トラップ)が誕生してから40年間以上、 Stokke の方針はたったひとつの考え方に基づいて継続しています。その考え方とは、子どもの目線を第一に考えて製品をデザインするということです。弊社のすべての製品は、お子さまの成長を促し、親子の心の触れ合いを促すためにデザインされています。
Stokke AS

「子どもの目線を第一に考える」考え方に共感。

そんなストッケのトリップトラップは、驚きの7年保証がついています。

なかなか7年間も保証をしてくれる製品ってありませんよね。
というか、メーカーで品質管理をしている私からすると、信じられないレベルです。
よっぽど品質に自信があるんですね。

保証延長サービス -公式からシリアルナンバーを登録すれば簡単に保証延長サービスが受けられますので、買ったらすぐに登録するのをお勧めします。
スマホからだと先に進めなくなったので注意(><)

オシャレで頑丈な椅子なので、赤ちゃんの時に使っていたベビーチェアを大きくなってからも使ってくれたら嬉しいです♪( ´▽`)

世界的ベストセラーの価格は高い?妥当? 唯一の欠点は手を出しにくい価格かも

ストッケのトリップトラップは発売以来、世界中で累計1,000万台以上売れている世界的なベストセラーです。

オシャレで頑丈で使いやすくて長期保証までついていて、ほとんど悪い点はありません。
Amazonや楽天でレビューを見ても、いい評価ばかりです。
(たまに偽物を買わされたって方がいますが…)

唯一の欠点と言えるのは価格でしょう。

「ベビーチェアのくせに高い!」

はじめて調べた時は驚きましたね。
赤ちゃんのうちしか使わないのに、ベビーチェアで3万6千円ですからね…
もう、この椅子は見なかったことにしましたw
(トリップトラップとベビーセットの合計金額です)

似たようなベビーチェアは沢山あるので調べてみると、1万円以下もチラホラ。
ちょっと心が惹かれましたが、どうやら壊れやすいみたいです。

よくよく調べてみると、トリップトラップは7年保証がついています。
しかも、中古になっても値段が下がりにくい。
新品で2万8千円のベビーチェアが、中古で1万5千円以上で売られています。
ベビーセット付きなら2万円!

「使わなくなっちゃったとしても、最悪下取りで半額以上返ってくるな」

これが一番購入の後押しになりましたw

付け加えるなら、高級ベビーチェアなのに世界中で1,000万台以上売れている信頼性。
10年使っても値段が下がらない人気。
そしてなにより、大きくなっても使えるデザインと保証。

この3つを考えれば、価格も妥当かなと納得できました。
(というか、メーカー勤務的に「安すぎるんじゃ?」と心配になります)

ナチュラルカラーをAmazonで購入しました。色の組み合わせで考えたこと

早速Amazonで購入しようとしたのですが、トリップトラップはベストセラー商品だけあってカラーバリエーションが豊富。

トリップトラップ(ベビーチェア)が14色、ベビーセット(固定具)が13色なので、組み合わせとしては182通りになります。

トリップトラップの人気色を調べてみると、ナチュラル、ホワイトウォッシュが中古市場で人気のよう。
また、アメリカではウォールナットブラウン、ヨーロッパではホワイトが人気です。

うちの家具はウォールナット材とオーク材が多いので、どの色も合いそうです。
ダイニングテーブルがウォールナットなのでベビーチェアもウォールナットブラウンにしようかと考えましたが、赤ちゃんが使うには色が重すぎる気がしました。

ホワイトは浮きすぎちゃうかなーということで、ナチュラルかホワイトウォッシュ。
この2つなら、よりカジュアルなナチュラルにしようということで、トリップトラップはナチュラルカラーを選択。

ベビーセットもナチュラルなら外れないだろうってことでナチュラルに決めました。

これが少し後悔してますw

ベビーセットを使う時期は短いし、赤ちゃんが使うので色を変えても良かったかなーと。
女の子なので、暖色系のベビーセットにしておけば良かったと思っています。

ナチュラル×ナチュラルだと、業務用感が凄いですw

これから購入する方は、ベビーセットで遊んだ方が可愛いとアドバイスしたいです。

組み立て方は後日解説予定です

まとめ

娘の離乳食に疲れてしまって、使いやすかったストッケのトリップトラップを購入しました。

半月ほど使ってみた感想ですが、かなり時間の短縮になります。

立ち上がったり暴れたりしなくなったのでスムーズに離乳食をあげられるようになりました。
ストレスが減ったのも嬉しいです。

もし赤ちゃんの食事に困っていたら、ぜひご検討してみてください。
かなり楽になりますよ♪( ´▽`)

注意:トリップトラップはしっかり固定されるので赤ちゃんは暴れにくくなりますが、それでも娘は抜け出して立ち上がりました。
座らせたまま目を離すのは危険ですので気をつけてくださいね。

Camel

こんな人間が書いています。
プロフィール