2017/08/1610 Shares

腕を振って歩くだけで、肩こりが楽になって痩せたからやってみて

Camel

どうも、肩こりからくる偏頭痛に悩まされていたラクダです。中年太りにも悩んでます。

以前お伝えした、顔を洗う時に耳の後ろを温めると、肩こりが楽になるよっていう記事が好評でしたので第二弾!

歩く時にしっかり腕を振るようにしたら、肩甲骨周りがグニグニ動くようになって肩こりが良くなったよって話。しかも、普通に歩くよりも体が暖まるし、体重も落ちた

ちょっと大げさに見えて恥ずかしいけど、メリットも多いのでレッツチャレンジ( ͡° ͜ʖ ͡°)

スポンサーリンク



やり方

img_2181

腕を振るといっても、なんとなくやってはいけません。前に振っても効果は少ないです。

次の3点に気をつけてやりましょう。

  • 頭を上に引っ張られているイメージを持つ
  • 肘は90度、脇を締めて後ろに大きく腕を振る
  • 歩幅は大きく、カカトから着地

上から順に意識するとやりやすいと思います。

まずは背筋を伸ばすために、頭を上に引っ張られてるイメージをしましょう。猫背になっていると、肩甲骨周りの筋肉が伸びきってしまうので動かしにくくなります。頭を引っ張られる感じなので、肩はリラックスしてくださいね。

次のステップは、肘は90度に曲げましょう。そして、肘を後ろに大きく引くことを意識しながら歩いてください。左右の肩甲骨がグニグニと動きませんか? 私の固くなった肩甲骨周りは、動かすたびにゴリゴリいいます。

この時、肘を90度に曲げるのと脇を締めるのはかなり重要です。柔道整復師曰く

『肩甲骨を動かすには脇を締めなければならない。さらに肘を90度に曲げないと、十分な可動域がとれない」

肩を回して試してみてください。肩を回す時に、脇を締めれば肩甲骨が動きます。しかし、脇をあけると肩関節だけしか動きません。肩こりには肩甲骨を動かすのが大事です。

最後に、歩幅は大きく、着地はカカトからを意識しましょう。

歩幅を大きくすることで、より大きく肘を引くことができます。腕の可動域の大きさと歩幅は比例して大きくなりますよ。テンションも上がりますしね。

歩幅を大きくしたら自然にカカトから着地できると思いますが、そうでないならどこかが間違っています。誰かに見てもらうか、鏡に映して自分で確認してみましょう。

効果

上記の方法で歩いてみるとわかると思いますが、悩みに悩んでいた肩の張っている部分がグリグリゴリゴリ動きます。こんな音がするのは私だけかもしれませんが(~_~;)

固く張った筋肉が動き出すだけでも気持ちいいんですね。マッサージされるよりも、よっぽど快適です。

3日続ければ、肩甲骨に張り付いた筋肉に柔軟性が戻ってきます。スマホやPC操作で凝り固まった肩や背中が楽になりますよ。

しかも、体を大きく動かすことになるので、ポカポカ暖かくなってきます。カロリーも消費できるため、続けることで体重も3kgほど落ちてきました。

腕を大きく振るだけで、肩こりが楽になり痩せるならやらない理由はありませんよね( ͡° ͜ʖ ͡°)

恥ずかしいけど、気持ちがいいんだからしょうがない

慣れるまでは、腕を大きく振りながら歩くのはちょっと恥ずかしかったです。

でも気持ちがいいし、やればやっただけ効果が出るんですよ。

タダで、楽で、必ず効果が出る事ってあまりないじゃないですか?

腕を振るだけで、必ず気持ちが良いんですよ!

どうせ他人の事なんて、その人が見えなくなったら忘れちゃいます。

迷惑かけるわけでもないし、気にしないでやりましょう。

こんな言い訳を心の中でしています^_^

まとめ

簡単に言っちゃうとウォーキングです。続ければ痩せるのは当たり前。

ただ、腕を振るのってサボりがちになっちゃってたんですね、私。

たまたましっかりと腕を振ってみたら、あら不思議。すごく気持ちが良かったんです。

肩こりも楽になったし、気持ちが良いからウォーキングをやりたいって気持ちが強くなりました。

辛い肩こりに悩んでいる方は、ぜひ一度試してみてください。整体やマッサージよりも、安くて気持ちが良いと思います。

一緒に肩こりを治しましょう!

Camel

こんな人間が書いています。
プロフィール